美容皮膚科・医療レーザー脱毛なら東京 自由が丘の椿クリニック

医療法人社団育麗会 椿クリニック

椿クリニックのわきボトックス注射について

秋の特別キャンペーン!!顔全体のフォトフェイシャル10,800円

プラセンタ発毛治療

プラセンタアンチエイジング美肌複合治療

点滴・注射バイキング

国内初 唯一のまつ毛育毛承認薬 GlashVista® グラッシュビスタ®

クリニックだからできるダイエット注射で脂肪をカットして部分痩せ!脂肪溶解注射 脂肪溶解注射1本期間・人数限定価格10,000円

椿クリニックの医療レーザー全身脱毛

切らないエイジングケア

おすすめの女性発毛治療

おすすめの男性発毛治療

スマートフォンサイト

ご予約・お問い合わせ

休診日変更のお知らせ
平成28年9月より休診日を火曜日に変更致しました。

今月のキャンペーン わきボトックス注射 注射するだけ。脇の汗をおさえてブラウスの汗染み・においを防止

この季節、気になるのは、においよりも「汗染み」(お客様アンケート)

脇ボトックスをした理由 汗染みが気になるから (72%)においが心配 (66%)脇の汗が不快だから (60%) 効果について 十分効果があった (82%)多少は効果があった (10%)あまり効果がなかった (8%)

椿クリニックグループ院内アンケート ※複数回答(2013年)

汗を抑えて、においも抑える

わきがの原因となる汗そのものの分泌を大幅に減らすのが、「ボトックス」注射です。わきがだけでなく、嫌な汗じみを防ぐために施術される方も非常に多い治療です。特にブラウスなど汗じみが目立ちやすい服装でお仕事されている女性の症例が非常に多く、当院でも毎年多くの方が利用されています。

このボトックスによる制汗が、わきの臭いを抑えるにも非常に有効です。 極細の針で薬剤を数カ所注射するだけですので、15分程度で終わり、ダウンタイムもありません。当日からシャワーでしたら大丈夫です。

効果は大体3ヶ月〜4ヶ月程度です。殆どの方はワンシーズンに1回から2回の注射ですみます。

脇の毛と臭いの関係…脱毛も効果的

アポクリン汗腺から分泌する汗そのものには、ニオイがありません。ですがこれがわきが臭の原因となる雑菌と混じることでニオイが出ます。雑菌は、腋毛が生えている毛穴部分に多くいますので、脱毛によって腋毛がなくなってまうと、細菌が付着する部分が減るため、わきが臭を抑えられます。

当院で行なっているレーザー脱毛は、 レーザーで痛みがほとんどなく毛根を破壊するものですが、さらにこのレーザーには毛穴を引き締める効果も合わせて発揮します。ですので、雑菌が繁殖する毛と、毛穴を同時に対処することができるのです。

わきボトックスQ&A

わきのボトックス注射は痛いですか?
注入に使う針は非常に細いので痛みはほとんどありません。またクリーム麻酔もご用意していますので、痛みについては心配いりません。
わきのボトックス注射の効果はどの程度持続しますか?
ボトックスの効果は6ヶ月程度です。1ヶ月程度間隔をあければ続けて注射することもできます。
日常生活に支障はありませんか?
注射直後は軽い筋肉痛のような感覚がありますが数日でなくなります。日常生活は問題ありません。

薬剤につきまして

BOTOX VISTA(ボトックス ビスタ)

  • メーカー:Allergenボトックスビスタ
  • 製造国:アメリカ(アイルランド)
  • 承認:FDA承認・日本厚生労働省承認

BOTOX(ボトックス)は、ボツリヌス菌が生み出す毒素を精製した薬剤の商品名であり、“BOTOX”は、米国アラガン社(Allergen)の登録商標です。

脚やせボトックスの有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌(Clostridium Botulinum)によって産生されるもので、一時的に筋肉の働きをブロックしシワをできにくくします。

BOTOX(ボトックス)はもともと、眼瞼痙攣などの神経学上の症状を改善する製剤として1989年にFDA(米国食品医薬品局)に承認され治療に使用されてきました。その後、眉間のシワ治療薬としてFDAに承認されてから美容目的での使用が増え、メスを使わないプチ整形のシワ取りとして広く利用されるようになりました。日本国内向けの正規品につきましては、2009年に厚生労働省より承認を得ています。

当院では、適切な保管・運送体制が保証された、日本国内向けの正規品である「BOTOX VISTA」(ボトックスビスタ)を、アラガンジャパン株式会社より直接購入しております。

ボトックスビスタは厚労省認可の薬剤です。

日本でも、アメリカでも認可

2009年2月に厚生労働省の承認がおり、日本国内での発売が開始された「ボトックスビスタ」が美容医療界で普及しています。脚やせボトックスに使われるボツリヌストキシン製剤は、今まで全てが輸入でまかなわれており、正式に日本で発売されました。「ボトックスビスタ」は、日本人での有効性・安全性も確認されています。

従来の脚やせボトックスの製剤は日本では未承認であったわけですが、レーザーや光などの美容機器やボトックスのような製剤は、そのほとんどが外国のメーカーが開発したもので、それらはFDAの認可がおりているかどうかが1つのポイントとなります。FDAとは、日本の厚生労働省のような役割を担っている、Food and Drug Administration of the United States Department of Health and Human Service(米国食品医薬品局)です。審査が非常に厳しく、FDAでの認可は世界が認可したのと同様といわれており、美容医療界ではFDA認可が重要視されています。

同じなのに違う?!「ボトックス」と「ボトックスビスタ」

ボトックスはデリケートな薬剤

ボトックスビスタは、ボトックスと同様、アラガン(アメリカ)から輸入していますので、「ボトックス」と「ボトックスビスタ」中身の違いはほぼありません。 ですがその品質には大きな違いがあります。ボトックスは非常にデリケートな薬剤。輸送過程での保管温度や衝撃に非常に弱く、-5℃での保管が必要です。

「ボトックス」は個人輸入によって海外から届きますのでその管理体制は保証されていませんが、「ボトックスビスタ」はアラガンジャパンが責任を持って、厳密な品質管理体制で輸入されますので、鮮度・品質が保証されています。

鮮度・品質が落ちた薬の効果は半分以下といわれています。「ボトックス」治療をお考えの方は、パッケージの日本向けマーク・日本語表示を確認してください。

料金
わき多汗症1回キャンペーン価格
両脇(多汗症)
(ボトックスビスタ50単位)
¥89,800¥49,000
両脇(多汗症)
(ボトックスビスタ100単位)
-¥79,000

レーザー脱毛ご利用中の方 10,000円OFF
ふくらはぎのボトックス同時施術の方 10000円OFF